カルバマゼピンはスイスやイギリスで抗てんかん薬として発売され、その後に三叉神経痛の抑制効果も発表されその後日本国内ではてんかん治療薬としても使用されています。また、抗躁作用も報告され、その治療効果も確認されました。

カルバマゼピンとダイアップの作用と運転への注意

カルバマゼピンはてんかんの発作予防に用いられる治療薬として頻用されているものであり、抗不安作用があることから躁うつ病や不安治療にもしばしば用いられる薬です。特に部分発作では大きな力を発揮することが多いため、カルバマゼピンを処方するというのが基本として医療従事者の間でも理解が進んでいます。乳幼児における発症が多いのがてんかんですが、成人や高齢者でも発症することが多いという特徴があり、カルバマゼピンを常備して生活している人も少なくありません。カルバマゼピンはナトリウムチャネル阻害薬に分類される抗てんかん薬であり、てんかんの発作に関わるんトリウムチャネルの働きを抑制することで異常に興奮してしまっている神経系を抑制することで発作を抑えたり、予防をしたりすることができます。しかし、それによって神経活動のレベルが低下することから、注意力や集中力が低下したり、眠気を催すことがあります。そのため、服用している際には車の運転のように集中力や注意力が必要とされる活動は避けなければなりません。しかし、てんかんの発作が運転中に起こるとさらに一大事になることから、てんかんを持っている人はできる限り運転を避けるようにすることが大切です。一方、小児のてんかんの場合にはダイアップもよく用いられます。ダイアップはてんかんでなくとも乳幼児が発熱したときに起こりやすい熱性けいれんを抑えるのにも用いられるものです。これはベンゾジアゼピン系の治療薬であり、クロライドチャネルを活性化することによって神経系の活動を抑制することでけいれんを抑えることができます。メカニズムこそ違いますが、いずれも神経活動のレベルを低下させるという点では共通しているのです。