カルバマゼピンはスイスやイギリスで抗てんかん薬として発売され、その後に三叉神経痛の抑制効果も発表されその後日本国内ではてんかん治療薬としても使用されています。また、抗躁作用も報告され、その治療効果も確認されました。

カルバマゼピンとMRIと治癒について

てんかんは、突然意識を失い、反応がなくなるなどの症状が起きる病気ですが、原因や症状は人によって様々です。
てんかんは、小さい子供から高齢者まで、幅広い年齢層で発病の可能性があり、誰もがかかる可能性のある病気です。
てんかんの発作は、脳の一部の神経細胞が、一時的に異常な電気活動を行うことにより発生します。
基本的に、症状は一過性で、発作が起こった後は、元通りの状態に回復することが多いです。
適切な抗てんかん薬を服用することで、多くの患者は発作を抑えて、普通の社会生活を送っています。
ただ、中には、抗てんかん薬では発作を抑えることができない、難治性てんかんの患者もいます。
てんかんの検査は、脳の画像検査と脳波検査に分かれます。
薬を服用している場合は、血液検査と尿検査をして、血中濃度と副作用が出ていないかをチェックします。
てんかんの検査には、脳のCT検査とMRI検査があります。
CT検査とMRI検査は、脳の構造の異常を調べるための重要な検査です。
CT検査は、短時間で検査でき、脳の石灰化を検出します。
MRI検査は、CT検査より検査時間がかかりますが、脳の詳細な部分まで検査することができるので、難治性てんかんの検査では必須の検査です。
てんかんの治療薬には、様々な治療薬がありますが、最近注目を集めているのが、カルバマゼピンを成分とする治療薬です。
カルバマゼピンを成分とする治療薬には、ジェネリック医薬品もあり、安い価格で購入できます。
てんかんは、治癒するのに長い期間がかかることが多いです。
そのため、長期的な治療の計画を立てて、治していくことになります。
てんかんの治療は、抗てんかん薬による治療が主なものですが、自己判断で薬を中断せず、医師の指導に従って服用することが大事です。