カルバマゼピンはスイスやイギリスで抗てんかん薬として発売され、その後に三叉神経痛の抑制効果も発表されその後日本国内ではてんかん治療薬としても使用されています。また、抗躁作用も報告され、その治療効果も確認されました。

カルバマゼピンの副作用、診療中に多い訴えは吐き気

カルバマゼピンは脳神経の中枢に作用して興奮状態やてんかん発作を抑制する薬剤成分です。

もともとは三叉神経痛の治療として作られた薬です。しかし神経を介して痛みを伝達するメカニズムもてんかんのように過剰な電気刺激を伝えるメカニズムも、伝達する神経において様々なイオンが出入りする機能を調節しています。

したがってイオンの出入りに関する病気に、カルバマゼピンが適応されます。

現在、三叉神経痛、躁うつ病、てんかん、統合失調症などでカルバマゼピンは幅広く使われています。
作用も有能で安定していますが、副作用も幅広くあります。

診療の際に患者さんがよく訴えられる副作用には、吐き気や食欲不振が多いです。
その他にも、腹痛、眠気、めまい、下痢、便秘などの訴えがあります。

また血液検査では、白血球が減少することがあります。

薬の併用にも注意が必要なものがあり、制約も多いです。

血栓を予防するベラバミル、胃潰瘍を治療するH2拮抗薬のシメチジン、子宮内膜症などに使われるタナゾール、抗うつ薬のフルボキサミン、抗生物質のエリスロマイシンなどは作用を増強します。

また、カルバマゼピン服用中は血中濃度が上昇するので、グレープフルーツやグレープフルーツジュースの飲食はできません。

カルバマゼピンの服用を開始する際は、このようなことを十分に理解したうえで服用することが大切です。

自己判断で薬を中止したり減量するのは、大変危険なことです。
突然服用を中止すると、症状のさらなる悪化をきたし、ますます服用量が増えると言う悪循環に陥ることもあります。
このこともしっかりと認識しておいてください。

吐き気などの副作用の対処法は、専門医であれば熟知しています。
気になる副作用があれば、診療の際に必ず主治医に告げましょう