カルバマゼピンはスイスやイギリスで抗てんかん薬として発売され、その後に三叉神経痛の抑制効果も発表されその後日本国内ではてんかん治療薬としても使用されています。また、抗躁作用も報告され、その治療効果も確認されました。

難治性てんかんとカルバマゼピンと医療行為

てんかんは、脳の神経細胞が異常に興奮することにより起こります。
けいれんなどの発作や欠神発作など、さまざまな発作が出てきます。
てんかんは、最も頻度が高い神経疾患で、日本には100万人以上のてんかん患者がいると言われています。
てんかんの発作は、だいたい数秒から数分続き、回復すると普通の生活に戻ることができます。
発作が5分以上続く場合は、てんかん重積となる可能性があるので、すぐに救急受診する必要があります。
発作の症状と脳波の異常があった場合、てんかんと診断されます。
脳波の検査の他に、脳血流検査やPET検査などを行い、総合的に診断されます。
てんかん治療は、原則的に抗てんかん薬による薬物治療が行われます。
てんかん患者の約6割は、薬物治療により発作がなくなります。
てんかんの治療には、最適な抗てんかん薬による治療が必要です。
難治性てんかんの多くは、脳機能障害を伴い、子供の難治性てんかんの場合、脳の発達に大きな影響が出ます。
成人であっても、就職や妊娠、車の運転など、さまざまな制限が生じます。
より良い治療のために、現在、様々な医療行為が行われています。
てんかんの治療薬の中には、ジェネリック医薬品もあり、価格が安いので人気を集めています。
てんかんの治療薬の成分で有名なのがカルバマゼピンです。
カルバマゼピンは、脳神経の興奮を抑えて発作を予防します。
カルバマゼピンは、特に部分発作に効果を発揮します。
カルバマゼピンは、歴史が長く、てんかんの発作を抑える治療だけではなく、神経痛の治療にも処方されています。
持病やアレルギーがある人、他の薬を飲んでいる人、妊娠中の人は、服用前に医師に伝えておく必要があります。