カルバマゼピンはスイスやイギリスで抗てんかん薬として発売され、その後に三叉神経痛の抑制効果も発表されその後日本国内ではてんかん治療薬としても使用されています。また、抗躁作用も報告され、その治療効果も確認されました。

カルバマゼピンでのてんかん治療の2016年8月記事一覧

  • 難治性てんかんとカルバマゼピンと医療行為

    てんかんは、脳の神経細胞が異常に興奮することにより起こります。 けいれんなどの発作や欠神発作など、さまざまな発作が出てきます。 てんかんは、最も頻度が高い神経疾患で、日本には100万人以上のてんかん患者がいると言われてい…続きを読む