カルバマゼピンはスイスやイギリスで抗てんかん薬として発売され、その後に三叉神経痛の抑制効果も発表されその後日本国内ではてんかん治療薬としても使用されています。また、抗躁作用も報告され、その治療効果も確認されました。

カルバマゼピンでのてんかん治療の2016年12月記事一覧

  • カルバマゼピンとMRIと治癒について

    てんかんは、突然意識を失い、反応がなくなるなどの症状が起きる病気ですが、原因や症状は人によって様々です。 てんかんは、小さい子供から高齢者まで、幅広い年齢層で発病の可能性があり、誰もがかかる可能性のある病気です。 てんか…続きを読む